back to panic.com

Panic Blog

Wanted: Support Agents (2013)

As we head into 2014, a new opportunity to join the Panic team has arisen. Love Panic’s apps? Love problem solving? Love typing? And love making people feel good by helping?

We’ve been looking for you.

We are seeking front-line technical support agents to promptly answer emailed or tweeted inquiries about our entire product line.

Ideally, you’ve got:

  • Excellent problem-solving, and ability to “read between the lines” of customer emails
  • Substantial Mac OS X, iOS, and internet experience
  • Familiarity with FTP, SFTP, WebDAV and troubleshooting of computer networks
  • A professional, courteous, and personable email disposition
  • A pleasant personality, patience, and sense of humor

Bonus Points for:

  • Engineering / computer science experience
  • Familiarity with the Panic product line
  • Ability to enter zen-like state of high-speed e-mail answering

You must live in Portland, Oregon or be willing to relocate to Portland. It’s honestly a very nice place.

In addition to base salary, Panic offers:

  • Bi-annual profit-sharing bonuses
  • Annual retirement plan contributions
  • Full medical/vision/dental insurance
  • Flexible vacation policy
  • Reasonable, life-compatible hours
  • A very nice work environment, we think

Sound good? E-mail your resume to us and if we’re interested, we will send you additional details and possibly schedule an interview. UPDATE 2/2014: This position has been filled. Thanks!

While we won’t be able to write back to everyone, we really thank you for your interest!

Posted at 3:26 pm 6 Comments

Copywriter: Cabel.

The Panic Office

It’s time.

Now, technically, Panic Inc. started in Steve’s bedroom. Then we shared an apartment, then another apartment, then moved into a small office. Finally, a few years ago, we landed in the newest Panic Office — one we got to design and build out from scratch, from empty raw shell to finished product. I’ve been promising a photo tour of our office forever, and I think I’ve held off because I secretly wanted this space to keep feeling “special” — our space, a space that could surprise guests, not just a long-scrolling page on the internet. But, it’s been a while, and it’s hard to invite the entire internet over for lunch.

So, let’s do this. Please join me on a complete photo tour of the Panic Office.

The History.

Our building was once part of Portland’s Auto Row on Burnside. We confirmed this when the concrete guys stripped the paint from our floors — they found (and were very concerned by) perfectly spaced rows of permanent oil stains. There could be no doubt we’re sitting in a once-garage. So awesome.

Office-History-1

The Planning.

We knew a few things. We wanted an open space for everyone to share. (Open space? Sure. We’re usually really quiet. And when we do talk, it’s often something important where it’s nice to have team input. Or we’re workshopping jokes for Twitter.) We knew we needed a conference room for discussion. We needed a nice kitchen. And I loved the view from the roof.

But what does Panic look or feel like? It’s hard to express the “Panic Feeling” to others.

Our architect, Chris, eventually whittled everything I told him down to three key thoughts:  we want to be ‘cool’ without being austere, we want to be ‘fun’ without being zany, and we want to exude an air of importance, but with a wink. With some inspiration from Louis Kahn’s Yale University Art Gallery (and, personally, Epcot Center) we got to dreaming. And sketching. And rendering.

Office-Concept-10

Office-Concept-2

Office-Concept-6

Office-Concept-5

Office-Concept-11

Office-Desks-1

The Buildout.

I couldn’t help myself. I walked over every day to check on the construction. I’m sure they hated it. But as an added bonus, I got to correct the odd annoying wall-mounted conduit or poorly-planned light before it was too late.

office-buildout-1v2

Office-Buildout-9

Office-Buildout-5

Office-Buildout-4

The Grand Opening.

Finally, almost a year later, it was done.

We moved in, and it felt good — like we were maybe, finally, a real deal.

Here it is, day one:

Office-Finished-4

Office-Finished-3

Office-Finished-5

Office-Finished-6

Office-Finished-2

Office-Finished-17

Office-Finished-10

Office-Finished-11

Office-Party-1

Office-Party-2

The Signage

Neven and I couldn’t resist getting 8-bit-nerdy with the office signage. Maybe someday we can use our own game characters.

Instagram-Sign2Instagram-Sign1Instagram-Sign3Instagram-Sign4Instagram-Sign5Instagram-Sign6Instagram-Sign10Instagram-Sign12Instagram-Sign13Instagram-Sign14

The Living Room.

It’s done. We’re moved in. But we didn’t stop there. (We’re certainly not short on ideas.)

With the help of our interior designer, Andee, we first decided to spice up our “Living Room” area with a little more life, so we commissioned a pattern. And that pattern beget a rug. And pillows. And tables. And a curtain…

Office-Pattern

Office-Finished-8

Office-Finished-9

(If you look very closely at the pattern, you might recognize some old friends.)

Then, The Planning of Something Interesting.

We had a little phone closet, for the occasional (rare) phone call. A tiny corner, three ceiling lights, a nice window.

Office-Founders-1

We thought we could dream up something a little more special. So, with Andee, we got to work.

Office-Founders-2

Office-Founders-3

Office-Founders-5

Office-Founders-4

The Founders Room

So now, behind this secret wall…

founders-door

…we have something rather special:

Office-Founders-6

(That amazing oil painting of myself and Steve as creepy old retired businessmen — why is Steve in a naval uniform, we’re not sure — came from a digital photo we took, sent to to Dafen, China, and turned into hand-painted magic. And there’s a hidden booze cabinet you’ll have to find on your own…)

The New Carpet and The New Wall.

We also later decided that the green checkerboard carpet lacked a little life, a certain energy. So we replaced it — and in the process wrapped it right onto the plain back wall.

office-carpet

Office-NewCarpet-2

The Rooftop Hills

Finally, our rooftop deck was a great way to breathe fresh air, but we had a serious glare problem during sunny days. We solved it in the only way we know how: artificial, astroturf, Super Mario 3-styled hills.

office-rooftop-0

office-rooftop-4

office-rooftop-1

office-rooftop-3

The Guests.

The most rewarding part of building something like this is seeing how other people view our space, when we have guests or (rare) open houses and then check Instagram.

Instagram-24Instagram-25Instagram-26Instagram-28Instagram-29Instagram-30Instagram-31Instagram-32Instagram-33Instagram-36Instagram-37Instagram-38Instagram-39Instagram-40Instagram-41Instagram-42Instagram-45Instagram1Instagram2Instagram7Instagram8Instagram10Instagram12Instagram13Instagram15Office-Instagram-BonusInstagram19Instagram20Instagram21Instagram35

And Finally, The Bonus: Panoramas.

Here are some amazing 360° panoramas of our office, during and after construction!

Thank you for visiting our office.

Credits

Principal Architect: Chris Hodney, Holst Architecture
Interiors, Founders Room, Hills: Andee Hess, Osmose Design
General Contractor: R&H Construction
Founders Room Contractor: GRADA Inc.
Living Room Pattern: Pattern People
Ridiculous Oil Painting: QPaintings.com
Panoramas: Matt D. Smith
Photo Credits: Chris Hodney, Buzz Andersen, Andee Hess, Instagram

Posted at 1:42 pm 47 Comments

Wanted: iOS / OS X Engineers (2013)

Panic Inc has a very special opportunity for nice, creative, super-talented engineers to join our amazing, award-winning-even development team.

Are you our experienced OS X / iOS engineer?

Our ideal candidate will:

  • Care deeply about both form and function
  • Debug, refine, and extend our existing apps
  • Contribute code and passion to new apps
  • Look for opportunities to improve our process
  • Play well with our existing team
  • Be excited and mostly eyeroll-free when tackling new challenges
  • Feel a strong sense of self-motivation
  • Love making things for people

We also prefer candidates who have shipped an app — no matter how small the app, or how small your part.

In addition to base salary, Panic offers:

  • Bi-annual profit sharing bonuses
  • Annual retirement plan contributions
  • Full medical/vision/dental insurance
  • Flexible vacation policy
  • Reasonable, life-compatible hours
  • A very nice work environment we think

Take note: this position is in Portland, OR. (We’ll pay for your move if you need to.)

Sound interesting? E-mail your resume to us (Update 8/5: thanks for your interest! We’ve reached our candidate limit!) and attach or link us to an app you’ve created or worked on. (Make sure to tell us what you did in that app, no matter how small.)

Also let us know if you’re more experienced with iOS or OS X development.

If we’d like to talk further, we will follow-up with additional details!

While we can’t write back to everyone, we thank you in advance for your interest.

Posted at 5:08 pm 13 Comments

From the desk of Cabel
Portland, Oregon 97205

The Panic Status Board: 2013年度版

すべてはここから始まりました: the status board we put on our Panic office wall in 2010

現在、その電子掲示板は Status Board と呼ばれる iPad アプリケーションとして生まれ変わりました。そして誰もが自身のデータをデスクで、または壁に設置された画面で美しく、クールに活用することができるようになりました。

アプリケーションのリリース後、私たちはオフィスの Status Board をリビルトしました!

Panic Status Board

2枚のモニタディスプレイを設置しました。

なかなかに壮麗です。

パネルについて

私たちのボードに表示されているパネルについて詳しくご説明します:

Status Board - Revenueこれまで Panic では売上データについて特に意識してきませんでした。視覚化してみると売上高グラフパネルはとても魅惑的なことに気付きます。毎日、直販版の売上高を集計し、その後で App Store 版の売上高を AppFigures とそこで準備されている API を利用し集計しています。それぞれの集計データの合計をデータベースにダンプし、簡単な PHP スクリプトによって Status Board で利用可能な JSON データに変換されています。複雑に見えるかも知れませんが実装は約1日で完了しました。
Status Board - UnitsUnits(販売数)グラフパネルは我々の iOS ソフトウエアの経済状況を別の角度から明らかにし、興味深い姿を現します。我々の iOS アプリケーションの販売数は、Mac アプリケーションの販売数に匹敵しています。しかし売上グラフでは相当な開きがあります。私たちは iOS アプリケーションのシェアの改善に取り組み、新しいアイディアに挑戦します!グラフの自作方法についてはこちらの書類をご参照ください。
Status Board - Inboxこちらは Email パネルで、IMAP サーバを参照しています。セットアップはたった 3分で完了しました。日々、サポートに届くメールの状況を把握するのにとても役立っています。(サポートチームでは共通のヘルプ用アカウントがあり、それをスクリプトで個々のメンバーに分配し、集計しています。)
Status Board - Sentお客様への返信数はこのグラフパネルで表示されます。(競争や成績を争うためでなく、単に面白いので表示しています。)メールおよび Twitter での返信数を個々のメンバーごとに集計し、JSON で出力しています。
Status Board - Projectsこちらはプロジェクトリストで、サーバ上の HTML ファイルをパネルで表示しています。(表パネルの自作方法についてはこちらの書類をご参照ください)もちろんこれがすべてではなく、秘密のプロジェクトについては隠されています。プロジェクトリストは流動的で手動での更新が必要ですが、誰がどのプロジェクトに関わっているのかを知ることができ楽しいです。
Status Board - Sparkle
StatHat と連携し、使用されている OS X のバージョンをグラフで表示しています。
Status Board - Car2Goこれは car2go マップです。オフィス近くのどこに車が駐車されているかをひと目で確認できます。こちらは完全にカスタマイズされたオリジナルで、Do-It-Yourself パネルを利用しています。car2go API と Google マップを組み合わせ、加えて CSS アニメーションで実装されています。希望があれば将来、公開するかも知れません。(あなたの街では car2go が利用できますか?)
Status Board - TriMetこれも Do-It-Yourself パネルを使用したバスの時刻表です。ボードの前でミーティングに熱中しても終バスを逃す心配がありません!Logan の作成した TriMet panel も便利です。
もちろん最初から準備されている天気Twitter そして RSS パネルも使用しています。さらに、カンファレンスコールのために世界時計パネルで Portland、 Seattle そして San Francisco の時間をわざわざ表示しています。

ハードウエアについて

Back

その人や組織ごとのボードがあり、それは常に変化し続けています。実際、このブログの写真から更新されており、現在は GoSquared パネルが追加されています。みなさんの周りにあるデータをぜひ Status Board を通して見てみてください。新しい発見や議論が生まれ(それは良くもあり悪くもありますが!)時間を忘れてそのデータから様々なことを読み取ろうとしてしまうでしょう。

あなたがもし自身のボードやクールなパネルを制作しましたら、ぜひお知らせください!

[原文]

Posted at 3:50 pm No Comments

From the desk of Cabel
Portland, Oregon 97205

海外の Status Board マニア達!

私たちが Status Board をリリースしてから約1日が経ちました。驚くべきことに、既にたくさんの人々の手によって非常に多くのクールで役立つパネルが作成されています。

ここに偉大な数々をご紹介します。

banner

Dead Simple Greatness. クリックするだけで追加完了:

  • TubeTracker — an incredible one-click layout for people in the UK who rely on the tube (pictured above)
  • AAPL — simple module for Apple’s stock price (don’t follow too closely or you’ll go crazy)
  • LastFM — see your last-listened track
  • App Store Review Times —  a great way to see how busy Apple is
  • WWDC Alert — but really, how fast are tickets going to sell out this year
  • Bart Arrival Times — for those of you in San Francisco

New Native Sources. 情報の供給元によって Status Board の為に準備されました:

  • LeafPing — output your Envato sales data to Status Board. An example.
  • uri.lv — track your podcast statistics on the big screen.
  • AppViz — this must-have app for App Store sales tracking can now output to Status Board
  • Don’t forget our amazing launch sources: StatHat (so useful!) and Hockey.

Sources/Conduits. 動作には少々のコーディングが必要となります:

  • Nest — a quick look at the temperatures on N
  • Server Statistics — keep an eye on your server loads
  • OmniFocus — a Python conduit to get your tasks up and running
  • Google Analytics — 7-day website stats
  • Jenkins — display running jenkins jobs in a table
  • TimeTiger — interestingly, a Windows app for time tracking
  • Mint Analytics  — a Pepper to create Status Board-compatible web stats
  • Mite — time tracking reports
  • Things — a way to get your Things to-do lists up and running
  • AppFigures 1 — a conduit for displaying your AppStore sales data
  • AppFigures 2 — another simple PHP conduit for AppStore sales data
  • BitBucket Issues — track open issues in Git/Mercurial hosted source

(And you can always add a new Do-It-Yourself widget and point it to always-running Mario.)

さらにファンタスティックな Web サービスが Status Board でネイティブに利用可能になるようです。詳しくは後日お知らせします!

また、オフィシャルではありませんが 以下のまとめサイトもご紹介します: Pinboard, StatusBoardWidgets.comStatusBoardApp.info.

最後に、私たちは Status Board が実際に活躍している写真が大好きです!こちらはバイクメーカー Ducati のディーラー:

BHmy3FyCIAA8FAj.jpg-large

あなたのセットアップを @panic や @panicjapan を付けてツイートしたりメールでお知らせください!

また日本のサービスに対応したウィジェットに期待しています!

[原文]

Posted at 3:53 pm No Comments

From the desk of Cabel
Portland, Oregon 97205

すべてのデータを美しく。Status Board をご紹介します。

以前、私たちは自身のオフィスで使用するためのクールな 電光掲示板 – Status Board を作りました。

私たちはその後すぐに、美しくレイアウトされたデータが如何に素晴らしく、そして重要であるかに気付かされました。サポートメールの受信状況がパッとひと目で確認できるという体験は業務上とても貴重でした。そしてこのボードの前に(もしくはスナックの山の前に)人が立ち寄り、自然にミーティングが始まりました。今では私たちのオフィス活動の中心にそれはあります。

私たちは考えました: 美しいデータはすべての人に価値がある、と。

すぐに iPad アプリケーションの開発に取り掛かりました。ツイート数やメールの未読数をカウントしたり、ニュースフィードや天気を表示したりするための誰でも簡単に利用可能なモジュールを準備しました。業務用やプロ向けのモジュールとして、自由にデザインされたグラフや表をイメージ通りに表示するためのモジュールも準備しました。それらを信じられないほど簡単に使い始めることができます。そして常にあなたのデスクの上に置いておくことができます。一方で(有料のアドオンとして提供される)テレビ出力機能も準備しました。実際に壁に設置された大画面モニタにデータを表示することが可能です。

Status Board。それは Panic から生まれた、あなたのデータをディスプレイする為のまったく新しい iPad App です。

appstore-download

しかしこれはまだ第一歩: バージョン 1.0 です。どのようなモジュールやウィジェットが必要ですか?ぜひ聞かせてください!もしかすると不自然な動作に遭遇してしまうかも知れません。ぜひレポートをお願い致します!そしてどんな風にこのアプリケーションを活用するでしょうか?我々はあらゆるご意見に耳を傾け、クレイジーに開発を続けます!

(このプロジェクトでの Greg, Neven, Dave, そして Kenichi の素晴らしい働きに感謝します。)

このアプリケーションの完成を記念して、私たちのオフィスの壁に設置されている Status Board スクリーンもアップデートされました。それはまた別の機会にこのブログでお知らせします!

PS: 以前、私たちがなぜ Lightning – Digital AV アダプタによる外部出力時の不思議に気付いたのか、もうお分かりですよね?

[原文]

statusboard-shot

Posted at 3:55 pm No Comments

From the desk of Cabel
Portland, Oregon 97205

Coda 2.0.8 beta 1

Coda 2.0.8 のベータテストにご協力ください!

安定性とパフォーマンスを改善し、Transmit 4.3 のお気に入りの読み込みに対応したバージョンを現在開発しています。もしお試しいただける場合は下記のリンクよりご入手ください。

Coda 2.0.8b1 (52 MB)

もし、気になる挙動が見つかりましたら私たちのバグトラッカーである Hive にログインしてレポートをお願いします!(開発担当が直接閲覧しますので、すべて英語でのご入力となります。)

Posted at 3:56 pm No Comments

Wanted: Office Manager & Non-Technical Support

Hello! Panic, Inc., a software developer for Mac, iPhone, and iPad is seeking an Office Manager at our 15-employee headquarters in Portland, OR. A rare, non-technical Panic job!

Candidate must already live in the Portland area, and be able to start immediately. Our office is located downtown, across from Powell’s Books. This is a full-time position.

Typical job duties include:

  • Being on-site weekdays from 9 AM – 6 PM to answer / screen phone calls, take messages, and receive deliveries and visitors
  • Answering general support emails, helping users get up and running, and forwarding technical questions when necessary
  • Handling voicemails and, somehow, faxes
  • Writing checks and paying bills immediately
  • Coordinating occasional social and corporate events such as company dinners, talks, conferences
  • Recording company meetings
  • @answering non-technical queries via Twitter
  • Responding to credit card disputes and refunds
  • Following up with purchase orders for payment (accounts receivable)
  • Providing price quotes for companies interested in volume purchases
  • Maintaining office calendar (who’s in/out, any upcoming special events, birthdays)
  • Scanning receipts and verifying purchase data
  • Keeping the dishwasher sane
  • Welcoming guests & making travel reservations
  • Unexpected Cabel Tasks and miscellaneous errands

Technical knowledge beyond email and word processing is a definite plus, as is a sense of humor and easy-going attitude. We’d love someone who has a fondness for our products and technology in general. But being organized and reliable is critical.

In addition to base salary, Panic offers:

  • Medical, dental, and vision coverage after 90 days
  • Bi-annual profit-sharing bonuses
  • SEP IRA retirement plan contributions after first year
  • Flexible vacation policy
  • Reasonable, life-compatible hours
  • Convenient central Downtown location
  • Free TriMet passes and bike storage
  • A very beautiful and inspiring office, we think

Candidates of every race, gender, nationality, age, and orientation are encouraged to apply.

Sound good? E-mail your resume to us, (UPDATE: This position has been filled. Thanks!) and tell us about yourself. If we’re interested, we will send you additional details and possibly schedule an interview. While we won’t be able to write back to everyone, we really thank you for your interest!

Posted at 11:37 am 5 Comments

From the desk of Cabel
Portland, Oregon 97205

Lightning Digital AVアダプタに吃驚

現在、私たちは未来のプロジェクトのために様々な iOS デバイスからのビデオ出力について検証しています。そんな中、あるミステリーに遭遇しました。それについて紐解いて行きましょう。(効果音!)

ミステリー #1: 最大解像度が 1600 × 900

ある画像を Lightning – Digital AVアダプタ経由で “ビデオミラーリング” すると、以下の様に最適化された最大解像度は 1600 × 900 だとシステムに表示されました:

Lightning

“ちょっ、それ 1080p じゃない!” と思うかも知れません。

同じことを以前の Apple 30ピン Digital AVアダプタで行うと、1920 x 1080 まで利用可能だと表示されました:

Dock Connector

Apple の iPad mini 技術仕様には “最大 1080p” でのビデオ出力サポートと記述されています。ウソは書かれていないハズなので、もしかするとアダプタが 1600 × 900 解像度の画像を 1080p にアップスケールしているという意味なのでしょうか?

ミステリー #2: MPEG アーティファクト

デバイスをテレビに接続するとき、私たちは画面を鏡に映したかのようなクリーンでキレのある映像を期待します。

しかし、Lightning – Digital AVアダプタの場合はそうなりません:

jpegcompression

文字際にブロックノイズが現れているのが確認できます。(私たちは Apple 30ピン Digital AVアダプタでも検証しましたが、こうした現象は起こりませんでした。)

仮説

非常識です。これは単なる AVアダプタです!なのに何故、限定された解像度や表示のタイムラグ、MPEG アーティファクトなどの現象が起こるのでしょうか。と、ここであることが思い出されます。iOS デバイスから Apple TV へビデオ出力したときの体験と同じであると…

有益なツイートや少々の議論の末、私たちは以下の仮説を立てました:

Lightning – Digital AVアダプタは、最小構成の AirPlay レシーバ?

iOS デバイスを接続すると何らかの方法で AirPlay 接続をセットアップし、デバイスからの出力をそのまま HDMI 出力せず、むしろ 1080p にアップスケールして AirPlay しているに違いありません。

“でも、ちょっと待って!” と思われるでしょう。”それって AirPlay ストリーミングとデコードを行う為の電子部品があの小さいコネクタ内に詰め込まれてるってこと?”

信じられないですよね。ではここで、糸ノコの登場です。

chip-2

左側に信じられないほどの超精密なコンポーネントがあります。今までに見たことのない精密さです。取り付けられている抵抗器は何の為のものでしょう?

反対側も見てみましょう:

chip-1

目を疑ったかも知れませんが — 小さなチップには ARMとあります。さらに RAM をあらわす部品番号 H9TKNNN2GD の記述も見えます。

つまり: Lightning – Digital AVアダプタには、SoC CPU が搭載されているように見えます。 

従って、AirPlay(か、AirPlay の様な MPEG ストリーミング)を行っていると考えるのは理にかなっていると言えるでしょう。

結論

このアダプタには我々の想像以上のものが詰まっていました。そして私たちは Lightning – Digital AVアダプタは AirPlay(か、AirPlay の様な MPEG ストリーミング)を使用して出力していると結論付けます。

しかし疑問もたくさんあります。例えば OS どうやって起動するのか? @jmreid 曰く アダプタには個々に “mini iOS” (!) がインストールされていて、コネクタへの接続毎に起動しており、それによりビデオ出力されるまでに数秒の遅延が生じる、とツイートしました。なぜ?あまりにクレイジーですが恐らく、Lightning コネクタのピンの数が足らずに RAW の HDMI を取り扱えなかったのではないかと算段しています。従来のビデオ出力に対応させる為にゼロからまったく新しい考え方で作られたのでしょう。もしくは、シンプルに低コストでより多くの機能を iPad で提供したいと考えたのかも知れません。

アダプタを経由することで劣化した 1080p では無い出力が行われます。これは悪いニュースかもしれません。私たちは RAW での HDMI 出力を熱望します。

一方で、アダプタが $50 もするなんて高すぎる、と言われますがこれは小さなコンピュータです!これは良いニュースかも知れません。

[原文]

PS: なぜ我々が iOS デバイスからのクリーンなビデオ出力にこだわるのか、それらのステータスについては追ってポストします!
Posted at 3:56 pm No Comments

From the desk of Cabel
Portland, Oregon 97205

Coda and Sandboxing

Mac App Store版の Coda 2 に新機能を追加する前に、我々はそれを“サンドボックス化”しなければなりません。Apple は OS X のセキュリティ向上を目的としてガイドラインに定めています。

それは何を意味するでしょうか?

サンドボックス化されたアプリケーションは、ユーザから明示的に許可が与えられるまでローカルファイルへのアクセスが限定されます。許可を与えるとそれは記憶されます。Coda で言い換えると、ユーザから許可を与えられるまで、一般的な選択ダイアログからであってもローカルファイルを参照することができなくなります。また Coda には“サイト”という設定があり、その設定にはローカルパスが含まれています。この設定でもまず、最初にローカルファイルへのアクセス許可を明示的に与える必要があります。これはバッドニュースでしょうか?既存のサイト設定のすべてで再度ローカルパスを設定する必要があり、サイト設定を使用しない(そんなユーザは居ないと思いますが)場合、都度、アクセス制限に作業が中断されることが予想されます。

これらの変更は Mac App Store 版のみです。直販版では変更ありません。

以下、相違点を詳しくご説明します:

1 ローカルルート

サイト設定の “ローカルルート” がリセットされます。初回の設定時にアクセスを許可するか訊ねられます。

この設定は初回の1度きりです!

2 フォルダに移動

プルダウンメニューから直接フォルダに移動することはできなくなり、従来の “選択パネル” が現れます。

3 パスポップアップ

サイドバーおよびファイルブラウザから利用可能な “パス” ポップアップですが、定義されたローカルルートより上位の階層は表示されなくなります。

サイト設定を利用していない場合、サンドボックス化されたホームディレクトリが表示されます。継続する為には他のフォルダを選択します。

フォルダ選択操作は初回の 1度きりです!

4 パスバーブラウザ

ローカルルート設定外のフォルダを選択しようとすると、アクセスを許可するための選択画面が現れます。

フォルダ選択操作は初回の 1度きりです!

5 ファイルの保存

書き込み権限の無いファイルを保存できません。またこれを回避する方法も Coda から提供することができません。

これは、書き込み権限を一般的に付与しない Web ページを含む、すべてのファイルに適用されます。

Mac App Store による制限です。

6 情報を見る

Coda の情報を見るウインドウから、アクセス権の変更を行えなくなります。

編集する前にあらかじめ Finder の情報を見るウインドウで変更してください。

Mac App Store による制限です。

7 場所(プレイス)

サイドバーの“場所(プレイス)”のローカル設定がすべてリセットされ、再定義が必要です。

NOTE: 本設定はコンピュータ毎に定義されています。そのためコンピュータ毎にリセットと再定義が必要です。

8 SVN と GIT

ツールパスのリセットと再設定が必要になります。

以上です。いかがでしょうか?

これらの変更をご体験いただくために、Coda 2 のスペシャルビルドを準備しました。

実験スタート

サンドボックス化された Coda をお試しいただく前に、このビルドが実験版でベータ品質であることをご理解ください。必ず、システム全体のバックアップを準備してからお試しください。

また、現在 Coda 2.0.6 以降の Mac App Store 版をお使いいただいている必要があります。またこの実験版を起動する前に、Coda 2 の iCloud 同期機能をオフにしてください。

実験版をダウンロードするにはここをクリックしてください。(50 MB .zip)

お試しいただけましたら、ぜひご意見をお聞かせください。サンドボックス化された Coda 2 がほとんどのユーザ様にとって大きな影響が無いことと予想していますが、皆さんの率直なご意見をお聞かせください(開発担当が直接閲覧しますので、すべて英語でご入力ください。):

最後までお読みいただき、また Coda 2 をご選択いただき、ありがとうございます。サンドボックス化された Coda 2 をご紹介できることに興奮しており、新しく、素晴らしいものになるよう開発を続けます!

Posted at 4:59 pm Comments Off